Author Archives: Josuke

日常のいざというときのためのカードローン

私たちが普段生活している中で、急な出費やイベントなどを迎えることがよくあります。
例えば、冠婚葬祭などのイベントや車の修理や買い替え、住宅の修理など数え上げればいくらでもあります。
しかし、なかなかそういったイベントを予測することは難しく、ましてや重なってしまったら「どうしよう。
」と考え込んでしまうしかないのが現実です。
私も自動車の車検や保険の更新があったときに、自分が利用しているパソコンが急に故障し、ついでに自動車も部品の交換が必要になりこのままでは車検を通すことができないといったことが同時におきました。
こうした不測の事態では支払いのめどがたたず困ってしまうことがあります。
実際私はカードローンを広告などで読み聞きしたことはいくつもありました。
そのつど世の中には大変な人が増えているんだなと、人事のように思っていましたが、実際急な出費が重なるとカードローンを使ったほうがいい現実と利用のしやすさに驚いたことがあります。
これは自分自身の勝手なイメージでしたが、カードローンは返済の利率が高いことや、返済スケジュールを綿密に考えないと多重債務に苦しんでしまうのではないかと思っていました。
実際には急な出費が重なったことによる一時的な補填だったので小額を借りて、そのまま次の月には返せたので何事もなかったようです。
最近ではカードローンの返済利率を初回利用者は特典利率で借りることができるなど調べてみると割安で借りることができる会社が増えているようです。
もちろん借りるからには返さないといけないので、用途や適切な借り入れかを自分自身でしっかり考えて利用しなければいけませんが、目的がしっかりしていて返済計画も問題ないようなら利用する価値はあると思います。
社会人になると何かとトラブルやイベントにお金を使う機会が多くなったので、普段からお金の管理には気をつけないといけないと思っています。
しかし、仕事の傍らお金の管理は難しいのも現実です。
そこで私は、大きな買い物や金額がはっきりわかっているものについてはクレジットカードを利用するようにしています。
クレジットカードを申し込んだときにカードローン契約もしているので、もしものときにもしっかり備えられるようになっています。
他にも銀行の残高分だけ利用できるディビットカードを併用するのも自分のお金の管理をある程度柔軟にできるのでいいのではないでしょうか。
とにかくいくら使って、いくら貯金があるのかは極力見落とさないようにすることが大事です。
そうしていても不測の事態は必ずといっても起きてくるものなので、そのときの備えを普段から考えるようにすることをおすすめします。
お金が重要なのはわかっていますが、必要なことがあれば惜しまずに使えるように心の準備を普段からしておくと、もしもの時にもどう対応したらいいかすぐに思いつきます。
むしろお金の準備は普段からしておかないといざとなったら冷静に判断できないなと自分自身しみじみ思っています。
計画的な利用でゆとりある生活を送れるようにしましょう。

P.S.

今月は2000万からの1800万で200万の利益でした。大友さん、アドバイスありがとう!

graph334

やっぱりグラフを見て投資する事は大事ですね。