カードローン

お金の大切さをカードローンから学ぶことも大事でしょう。
タイムイズマネーという言葉があるようにお金は時間と同じくらい大切ですよね。
お金が大切ではない、お金はいらないという人はほとんどいないでしょう。
お金というものはあることにこしたことありませんから。
たぶん私は人一倍その思いが強いと思います。
そこでお金がとても大事だと思った私の体験談を話したいと思います。
私は以前普通の会社員でした。
給料は周りと比べると多い方で、無駄遣いでお金がもったいないとか思ったことはありませんでしたし、欲しいものは大体買えていました。
仲間の中でもお金に余裕がある方で、仲間がお金に困っている時などはいつでも貸していました。
そんな生活を5年くらい続けていたある日事件はおこりました。
車を運転している際に人身事故をおこしてしまいました。
衝突してしまった相手は60歳の男性で足の骨を折ってしまう怪我をさせてしまったのです。
私はたまたまそのとき母親の車を借りて運転していたので、車両保険に入っていなかったのです。
そこからが地獄の日々でした。
被害者の入院費、通院費などを自腹で払うことになってしまいました。
ある程度貯金があったので途中まではなんとかなりましたが、入院最中の被害者の給料の補填など莫大にお金がかかってしまい、とうとう貯金も使い果たしてしまいました。
貯金を使い果たす頃にちょうど被害者の入院費や通院費を全額払うことができたので、これからまたお金を貯めていこうと思っていました。
そんな時偶然仲間の結婚式があったり身内の不幸があったりと、とてもお金に苦しい状況なのにお金がかかることばかりおきてしまいました。
親に相談しお金を貸してもらおうかとも考えましたが、裕福な家庭だったわけではないので、お金の話は親にはできませんでした。
そんな時、インターネットをしているとカードローン即日融資OKという文字が頭の中に入り込んできました。
少し前までお金に苦労したことはあまりなかったので、カードローンも契約したことがなかったのですが、勇気を振り絞って契約してみました。
すると即日融資と書いてあるとおり、簡単な審査をしてすぐにお金を借りることができました。
お金を借りるという行為はあまりいいものではありません。
借金ですので必ず返さなくてはならないからです。
しかし人間は生きていると必ずいざという時が起きるものです。
急遽どうしてもお金が必要になった場合などにカードローンはとても便利です。
そのような時だけカードローンを使用する事は悪いことだと私は思いません。